2007年11月29日

2007年11月29日

ハイトゲージと定盤

定盤  この定盤は印刷機の解体部品である。部厚い鋳物を磨いてある。それを貰ったので、レイルの内側に相当する部分を大きなフライス盤で削ってもらった。この種の大きな仕事はShark Nose氏にお願いして、彼の工場で加工して戴いている。

 ハイトゲージは、ディジタル表示である。最近はそれ程高価でもない。

トースカン トースカンもあるがあまり使わなくなった。このトースカンのベースは押せば裏にピンが出るようになっていて、それを引っ掛けてスライドさせることもできるようになっている。いろいろな機能がついていて面白いが、もう既に過去のものである。

 定盤の上に鎮座しているのはUPの7000である。これはLobaughの製品の改造である。元はSPのMT−3のボイラを利用している。フレームはオリジナルのブロンズ鋳物を捨て、新たにふいた砲金鋳物である。それをフライスで切り込んで作った。この程度の仕事は小さなフライス盤でも簡単にできる。

 この鋳物は初めての経験で、発泡ポリスチレンを切って作った型を砂に埋め、熔湯を流し込んだ。いわゆるロストフォーム型である。型作りは意外と簡単で、思うようにできた。鋳込みは鋳物屋さんにお願いした。地金は水道のコックの材料である。

 UPの7000は2台あって、もう一つは稲見製作所の先代の作品である。それはかなりの大改造をほどこしてある。テンダーは新製である、同時に完成させるつもりだ。 

 

Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ