2007年06月

2007年06月30日

続々々 1941

 父の時代は手で石炭をくべていた。その労働は辛く、たくさん食べなければならなかった。その習慣が糖尿病のもとであった。ツケが廻ってきたのである。

 戦争の間、優秀な罐焚きには出会うことが無かったと父は言っている。手で焚いていた時代の罐焚きは機関士に昇進していて、若い罐焚きは兵隊に行った。

 鉄道会社はその採用基準を下げざるを得なかった。戦争の間、雇われた罐焚きは年寄りばかりで機関車の罐を焚く能力はほとんど無かった。ただ、応募してきた人を採用するだけであった。

 クビにすることは出来ない。ほかの人を雇える可能性などない。鉄道は大変な人手不足に陥っていた。通信、信号、整備工場などにたくさんの女性が採用された。しかし機関士と罐焚きは男性であった。

 列車はまともに走らない。誰かが大変な失敗をしていた。あちこちでそのようなことが起こって、大混乱の日々であった。

 父は毎日長い貨物列車を牽いていた。本当は旅客列車を運転したかった。しかし、彼より上席の機関士がいたので、それは出来なかった。もし。最初の昇進試験で通っていたなら、彼は旅客列車の運転をさせてもらえていたであろう。

 父は戦争に行った2人の息子のことが気がかりであった。毎日の仕事も辛かったが、それ以上にそのことが心配であった。

2007年06月29日

続々 1941

 私は父の指示通りにすれば、罐がうまく焚けるということが自慢であった。私は腕の良い罐焚きとして知られ、平均的な機関士よりもずっと上手であった。

 父と私は鉄道で素晴らしい時間を過ごすことが出来た。信じられないほど良い時代であった。私は高校を出たばかりなのに、そこいらの15年以上も働いている人位の給料を得た。素晴らしいことに、1941年型ビューイック・スペシャルを買った。なんと素晴らしい車だったろう。今までに買った車の中で最高の車だ。

 仕事は順調で、休みには若い男が皆するように、ガール・フレンドを探し始めた。ところが、その年の年末に、そのような夢のような生活は突然打ち切られた。アメリカが戦争に巻き込まれたからだ。日本がパール・ハーバーを攻撃して戦艦アリゾナが沈んだ。

 私はシャイアンに行って空軍に志願した。ところが、爆撃手としての訓練をするまで、軍は私をそのまま鉄道で働けと帰されてしまった。私はパイロットになりたかったのだが、適性検査の結果、爆撃手に割りふられた。

 私たちの兄弟は、2人とも1943年の初めに軍隊に入った。可哀相な父親は鉄道でひとり闘うほか無かった。戦争の間、父は大変な苦労をした。人が足らないので、機関士は昼も夜も山のような貨物を運ばなければならなかった。

 もし彼がもう少し若く、健康であったならそれ程大変ではなかっただろう。長年健康を害していたので、さぞかし辛いことであったと思われる。





2007年06月28日

続 1941 

 私の最初のStudent Trip(職業訓練のための体験乗務)は、ただ好奇心によるものであった。しかし、父Richardが、スロットルを開けた瞬間、ハマってしまったのである。
 
 その日のことは、今でも昨日のことのように思い出せる。私は父のことがとても自慢であった。家に居るときは、ただうろうろと歩き回ったり、ゴミを捨てに行けというだけの人であったのに、機関士の席に座った瞬間、その小男が列車のすべてをコントロールする。私はそれに感銘を受けたのである。

 前にも触れたが、その時代の機関士というものは傑出した人ばかりであった。ただ、機関車の右側に座っているだけの人ではない。罐焚きも制動手も敬意を持って接していた。

 機関車を走らせながら、父は罐の焚き方についてのたくさんのアドヴァイスをしてくれた。そのとき習ったことには、間違いは一つもなかった。彼は私に自信を与えてくれたのだ。彼の仕事に対する姿勢は素晴らしかった。

「畏れるな、侮るな。いつも先手必勝だ。正しい方法で機関車に石炭をくべろ。」である。彼の石炭のくべ方のこつは、単純である。ストーカの個別のスティーム・ジェットを触ってはいけない。メイン・ジェットだけを調節せよというものであった。下手な罐焚きは、あちこち触って駄目にする。その通りだ。

 「煙突を見よ。その煙の色がよくなるようにメイン・ジェットを調節するのだ。」全くその通りで、私は罐焚きで失敗したことはほとんどない。



2007年06月27日

1941

久しぶりにTom Harveyの手記に戻りたい。

 1940年代はHarvey家にとって激動の日々であった。1941年、兄のRichard2世は、ワイオミング大学に行き、弟のTomは高校生であった。 父はいくつかの団体に属し、忙しい日々を送っていた。労働組合の仕事や退役軍人会の仕事があった。

 父は糖尿病と診断されていた。これは、当時、機関士の職業病と言われていた。罐焚きの重労働で、代謝量が増え、機関士になっても食べる量が減らせないのと、勤務が不規則で食事の時間帯が一定しないことに原因があると思う。
  
 その点を除けば、まずまずの健康状態であり、Rawlinsの近くの川によく釣りに行った。アメリカは大恐慌から逃れてようやく立ち直ったところである。1941年はアメリカにとって最もよい時代であったろう。その年にTom HarveyはUnion Pacific鉄道の罐焚きになったのだ。

 Tomが罐焚きになる決心をしたとき、彼はまだ高校に行っていた。週末にはStudent Tripを始めた。鉄道の乗務規則試験に通り、1941年6月21日に最初の乗務をしたのである。
 
 午後1蒔10分に点呼を受け、Soren Kolsen機関士と共にチャレンジャ3914に乗り込んだ。そのとき私はまだ17歳であった。そんな若い罐焚きは居なかった。それから何年も機関士をしているが、17歳などという罐焚きなど会ったことがない。

 何が私を鉄道に就職する決心させたか。私はその仕事をしたいと、小さい時から思っていたことは事実だ。 

2007年06月26日

理想のTrack Cleaning Car 

 真空掃除機は自動車用の小型のもので、これもバッタ屋で見つけた。かなり強力である。
 
 線路には、いろいろなものが落ちている。最も多いのがカプラの留めネジで、たまにはセンタ・ピンがある。列車の中で一つくらい抜け落ちても、そう簡単には脱線したりしない。年に一回の車検で持ち上げて気がつくことがある。抜けたスパイクも結構ある。

 磁石を下向きにつけておくと、かなり引っかかってくるが、ブラス、ステンレス、アルミニウムは付かない。

 鉄以外の金属片を取り除くには、渦電流による方法しかない。これはまだ予備実験の段階だが、高速で回転する強力な磁石を接近させるという方法がある。

 友人から貰ったネオジム磁石がたくさんある。これは信じられないほど強力で、2cm角の磁石二つを手で引き離すことが出来ない。それをモータで回転させ、磁界変化を与えると、落ちている金属片には渦電流が流れ、それが作り出す磁界で反発して飛び上がる。そこを真空掃除機で吸い取ればよいのだ。この方法はゴミ分別等でも実用化されているはずであり、公知の事実であって特許は取れない。

 原理は簡単なのだが、筆者のレイアウトは鉄レイルを使っているところがあり、そこを通過するとき、凄まじい勢いで吸着されて不具合が生じるような気がする。また、Kadeeのフェライト・マグネット製アンカプラは直ちに消磁されてしまうであろう。その部分では回転磁石を持ち上げるか、シールドする必要がある。

 まだ夢の段階だが、こういう順番で構成して清掃すればよいはずである。
 ‥棺Δぁ研磨、非鉄金属拾い、集塵車
◆[動パラフィン塗布車
 機関車 
ぁ‥展纂
 
 キマロキ編成ならぬ線路清掃列車である。

2007年06月25日

続々 Track Cleaning

Track Cleaning Car 集電を良くするには、汚れを取るのはもちろんだが、表面の酸化被膜を取るという意味もある。しばらく走らせていなかった側線に入線するときは事前の清掃は重要だ。それには、物理的な清掃も欠かせない。

 この写真の清掃車は戦前のものらしい。Louのところで見せて貰った物で、今となっては珍しい外側三線式用である。ブラシが金属製でないところが興味深い。

Track Cleaning Car Underside これは裏から見たところである。

 今なら、電池を積み、ラジオ・コントロールで好きな場所を清掃できる。掃除機も小型で強力なものがある。押していく機関車もラジオ・コントロールにすれば集電不良の心配もない。

 実は今それを製作中である。筆者のレイアウト中、特定の箇所の集電不良に悩まされている。その場所は手が届きにくく、困っている。長い棒に細かい紙やすりを付け、軽くこすってから、流動パラフィンを塗って重量列車を走らせると大抵直るが、それを一度で解決したいのだ。古いラジコン自動車から外した駆動装置を流用している。ブラシはブラスのカップ状ワイヤー・ブラシを使う。ブラシ用モータはジャンク屋で手に入れたギヤード・モータである。

2007年06月24日

続 Track Cleaning

 一般の流動パラフィンは石油の蒸留により分子量が300前後のものを集め、それを発煙硫酸などで処理し、その中の硫黄分などを完全に除いてさらに精製したものであり、吸い込んだり飲み込んだりしても全く害はない。ちなみに、この操作で廃棄物として出るのは悪名高い硫酸ピッチである。

 買うときには、工業薬品店を電話帳で探して「流動パラフィン」と言えばすぐに売ってくれる。多分印鑑も要らないだろう。500gの瓶入りしかないので、小瓶に分けて、レイアウトに置いておく。必要に応じて細い刷毛で塗ればよい。蒸気機関車の場合は、動輪に直接垂らして、走らせれば良い。

 発煙装置に入れる油も流動パラフィンの一種である。臭いがないが、広い意味では灯油の一種であると言える。Paraffinはイギリス英語では灯油の意味で使うこともある。

 特別に純度の高いものはNujolと言う。ヌジョールは、赤外分光装置で分散媒として使う。

 ともかく、鉄道模型で使う分には、臭いを気にしないならば普通の灯油でも良いということになる。灯油にはある程度の天然の硫黄化合物が入っている。日本では気がつかないが、産地によって臭いが異なる。たとえばアメリカでは、ペンシルバニアの灯油とテキサスの灯油では違う臭いがするのだ。

 引火の心配をする人もいるが、灯油は約40℃以上でなければ引火しないような成分になっている。すなわち、灯油は人間の生活環境では引火しないように作ってあるのだ。流動パラフィンの引火点はもっと高い。

2007年06月23日

Track Cleaning

 DC運転をしていたときにはあまり気がつかなかったが、レイルと車輪の表面はかなり汚れるものだ。DCCでは電流の断続はデコーダの誤作動、サウンドの雑音その他の悪影響の元となる。

 レイルを磨くという方法もあるが、磨くとレイルは確実に減る。少しでも長持ちさせたい。それにはレイル表面を洗うしかない。

 色々な接点復活剤が市販されている。それらを大きく分けると、溶剤系のものと潤滑油を含んだものとに分かれる。

 前者はこれまたたくさんの種類に分かれ、炭化水素、アルコール、エステル、ケトン、その他、あるいはそれらの混合物がある。最近は、リモネンというオレンジの皮からとる物質を含んだものが流行である。しかしこれはかなり強い果物の香りがする。

 蒸発しやすいので何も残らないが、濡れている間にプラスチック、塗料を溶かしたりする。また、その間にこすらないときれいに落ちない。ということはある程度、蒸発速度が小さいものが良いので、順に調べていったところ、リグロインという灯油よりもやや蒸発しにくい炭化水素が大変な好成績を収めた。

 レイルに筆で塗っておいて、列車を走らせると、先頭から10輌くらいの車輪に広がり、走ればこすられるので汚れが落ちる。それは車輪の踏面から横に押し出され、乾いて落下する。レイアウトの周回線路上に何箇所か塗ると、その一日は、ほとんど問題なく楽しめる。

 さらに分子量の大きい「流動パラフィン」という、石油のある溜分を用いても同様であるが、蒸発までの時間が長く、こちらの方を好む人も多いだろう。

 どちらも、人間に感じられる臭いは無く、引火の心配もない。これをタンク車に入れて、DCCで目的の場所に塗布できればとても愉快だ。

2007年06月22日

Speaker

 サウンド装置を取り付けたが、音が小さいのでどうすればよいかという質問を受けた。

 それはスピーカの取り付けに大きな問題がある。スピーカの片方には完全な密閉空間が必要である。要するに、スピーカの振動するコーンと呼ばれる膜の向こう側とこちら側では、位相が180度異なる音波が生じる。これらが混じると、打ち消しあって音が小さくなるというだけのことである。

 筆者は3mm程度のベークライト板を切り出して、スピーカ・ボックスを作る。それにスピーカをはめ、隙間をシリコンのシーラントでふさいでいる。ほんの小さな穴があっても効果が落ちる。また、箱の大きさは大きいほど効果があるようだ。また、内部に吸音材を入れると駄目である。音が良く反射された方が良い。

 このアイデアはPFM方式が紹介され始めた頃、TMSに載っていたと記憶する。索引をおつくりの方もいらっしゃるので、何号かをお調べ願いたい。確か25年位前だ。

 当たり前のことであり、納得できたのだが、某雑誌社の社長は、「あれは大嘘だ。やってみたけど音は大きくならない。」と触れ回っていた。何を勘違いしたのかは知らないが、物理の本を開いてみるべきだったろう。

 スピーカを床板に下向きにつけるときは、スピーカと床板の間に少しスペーサを挟んでおくと音が大きくなるし、音質も向上する。もちろん、これも、気密性が良くないといけない。

 Tonyの店にもいくつかの商品がある。正しい知識のある人がアドヴァイスしているように見受けられる。

2007年06月21日

Snubber

Snubber これはリレーである。DCCではあちこちにリレーを使う。筆者の一部のディーゼル電気機関車には、下り勾配用の抑速ブレーキが付いている。

 これはダイナミック・ブレーキ の抵抗で、モータが発電した電力を消耗させるようになっている。始めは凝ったものを作って三段階にしたが、一段で十分であった。

 抵抗器がほのかに温かくなる程度である。表面積の大きな抵抗を使ったからだ。

 このような用途や、発煙装置の大電流を流すためにリレーは便利である。連結器の開放にリレーの動作を使うのも良い方法である。

 リレーはリアクトルであるから、電圧を掛けてもなかなか電流が増えない。逆に、流れている電流はそう簡単に止まらず、逆電圧を発生する。この電圧は、電流を時間で微分しているので、急速に遮断すると数百ボルト以上にもなる。ゆっくり止めれば良いのだが、そういう訳にもいかない。

 そこで、この図にあるようなダイオードを一つ入れておく。すると、ダイオードがその逆電圧を逃がすので、コイルの磁界は急速に消滅し、リレーの復帰も早くなる。つけないと、デコーダが瞬時に壊れる

 このようなダイオードをQuencherと言っていた(と思っていた)。最近はSnubberと言うらしい。

 Quenchというのは「急に冷ます」という意味で、焼入れなどの時に使う言葉だ。鋼製車体のひずみ取りに、お灸をすえるという方法があるが、あれもQuenchingと言う。
のどの渇きを急に癒すような飲み物もQuencherと言ったりする。リレーの内部の磁界を消滅させると言う意味ではとても正しい。

 Snubという言葉は、船のもやい綱が繰り出されていくのを止めるときぐらいにしか使わない言葉で、このような電気工学的な場面で使うとは思わなかった。Snubberはスナッバと発音する。今後よくお目にかかる言葉であろう。

2007年06月20日

続々 Back EMF

 筆者の手持ちの機関車は、全てコアレスモータ、3条ウォームまたはベベルギヤ駆動、全軸ボールベアリング装備である。貨車は全て低抵抗車輪で、車体質量が400g以上は全てボールベアリング入りなどという模型鉄道は、まずどこにもないのである。そこで行われている実験を、なるべく客観的に解説しようというのがこのブログの狙いである。

 Back EMFを効かせると人工的な動きをするというのが結論である。本物は質量があリ、慣性力が大きい。本物の機関車の動きを間近で見た世代の人間は、指示された所定の速度で必ず走るような機関車など見たくないのである。

 直線ではスロットルを戻し、カーヴに入るとスロットルを開く。停車時は連結器を詰めて止まる。発車時には連結器遊間を利用しなければ起動できないような重い列車を、工夫しながら牽いていた機関士たちの話を聞いていれば、その運転の苦労がわかるような運転をしてみたいのである。

 昨日も書いたが、出力の小さい機関車で重い列車を牽き出す時、連結器が伸びていくと速度が明らかに下がる。そこでスロットルを少し開くと、空転が始まる。空転を制御しながら、牽き出すのは楽しい。実物を運転する時のこのテクニックは、井上豊氏からよく伺ったものだ。


 昨日は、無音型デコーダでバックEMFを採用するのは困難だ、と少し遠慮して書いておいたが、物理的に不可能であるのは自明である。工学的な話ではなく物理的に不可能なのである。

2007年06月19日

続 Back EMF

 それではパルス幅を短くして、パルスの回数をうんと増やすとどうなるだろうか。すると、モータから出る音は高周波になり、人間の耳に聞こえなくなる。

 その程度の高周波では、リアクトル(高周波成分を通しにくくするコイルと鉄心)の効果が大変大きくなる。小さなリアクトルとそれに合う平滑コンデンサを入れておけば、直流給電になる。これが完全直流デコーダであり、コアレスモータは無音で廻る。

 動力装置が高性能であれば、この種のデコーダは非常に実感的な動きを再現する。それには、低速での「つんのめり」がないことが必要である。もともと低電圧で超低速が可能な機関車であれば、まさに実物どおりの動きを示す。機関車にボール・ベアリングが装備されていれば、このような動きが可能になるのだ。

 Back EMFは人工的な効果を与えているので、発車時の「連結器が伸びて負荷が大きくなると機関車が止まりかける」といった情景を再現できない。筆者のレイアウトで86輌を牽き出す時の様子をビデオに撮り、アメリカの友人たちに見せたところ、「オウ、本物と同じ動きだ。それ頑張れ!」と応援していた。

 無音型デコーダをバックEMF方式にすることは難しい。バックEMFを測定するためにはある程度の時間が必要なので、給電をやめる時間が短い高周波タイプのデコーダでは困難だ。
 
 どうしてもやりたければ、モータに直結したタコ・ジェネレータあるいはフォト・インタラプタで回転数を常時測定して、別回路でフィードバックを掛けるしかない。大変高級な回路になり、もはや鉄道模型の領域を超えてしまうだろう。

2007年06月18日

Back EMF

 バックEMFとは逆起電力のことであり、モータの回転数に比例して生じる。DCCでは、直流を給電しているとは言え、実際には時間軸でのの長短パルスで給電している。その積分値が加えられた電力である。

 すなわち、インバータ式電車と同く、場合によってはモータから異音が発生する。有鉄心モータ(普通のモータ)ではリアクタンス(電圧増大時にて電流が増えるのを妨げる働き)が大きいので、そのような音は聞こえないことが大きい。

 給電を休んだ瞬間にDCCのデコーダはモータへの給電線に返ってくる電圧を測定する。すなわち、モータが発電機になって発電した電圧を調べる。もし、その電圧が想定していた電圧より小さければ、回転数が落ちている訳である。直ちに、次の給電パルスを長くする。そうすれば回転数は増加する。勢い余って、パルスが長すぎれば回転が早くなり過ぎ、発電電圧が大きくなるのでそれを検知して、給電パルスを短くする。

 このようなことを毎秒100回位も繰り返す。大したものである。このお陰で多少動きのよくない機関車もまずまずの動きをする。すなわち、低速でも安定した動きを見せるわけである。

 このパルス間の電圧測定の時間は、全く給電されていないわけである。すると、コアレス・モータのようにモータのリアクタンスが小さく、慣性モーメントが小さいロータは、パルスに忠実に回転しようとして、異音を発することになる。初期のデコーダからの音は、プーンとかピーンという音であった。そのうち、乱数を発生させて音の高さを一定にしないようにしたものが登場した。しかし、腹立たしい音であった。特に蒸気機関車には許せない種類の音である。

 Back EMFを掛けないと静かになるかとも思ったが、そうではなかった。パルス幅で電力制御するのは、根本的にコアレスモータの駆動には向かないのである。しかもブラスの機関車では共鳴することがあり、珍妙な音がする。 


2007年06月17日

続 サウンド装置

ESU Lok Sound サウンド装置の音源は本物の音である。したがって現在保存されている機関車の音声は全て手に入る。
 問題はそうでない機関車の音である。発売されている音を編集して、低音を強くするとか多少の変化を与えることが出来るが、根本的には変わらない。

 ESUという会社は自由に音を編集するサウンド装置を売り出した。ビデオなどの音声を取り込んで自在に編集できるそうだ。筆者はまだ購入していないが、雑誌などの記事を見る限りかなりのことができそうである。写真は最新型ではなくやや古いものを示す。

 おそらく、アマチュアの中に「特定の機関車の音の編集引き受けます」という者が出てくることだろう。サウンド装置のカスタムビルダである。これは商売として十分成り立つと思う。

 蒸気機関車は停車中も結構音が出る。保火中の機関車も時々ストーカが動いたりする。ブローダウンにより塩分濃度の高い水を捨てたりする音がする。
 前照灯を点ければ発電機の音がするし、時々インジェクタの作動音がする。結構細やかに音を出している。

 機関車の火室下に赤い電球と黄色い電球をつけ、フリッカー(光のちらつき)をさせると本物のようで気分が良い。運転室の中に黄色の電球を入れ、時々強く光らせると、火室内部を覗くときの光の漏れを再現することが出来る。伊藤剛氏はその瞬間に火室扉を開くようにせよ、罐焚きが中を覗く動作もさせよとまでおっしゃる。

 ディーゼル機関車はアイドル回転音の他にコンプレッサ音、エアタンクのドレイン抜きの「パシッ、パシッ」という音がする。ドレインは日本の機関車にはない音であるが、アメリカの機関区に行くとそこらじゅうでこの音がする。
 サウンド装置は走行中もさることながら、停車中も楽しめる。レイアウトのスイッチを入れた瞬間に、機関区全体からいろいろな音がするのは素晴らしい臨場感である。

2007年06月16日

サウンド装置

From Tony's website これはHOのシェイにサウンド装置を入れた写真である。Tony'sのWebsiteから引用した。動力用のデコーダとは別個にサウンド用を入れている。これは賢明な方法である。スペースが許せば、動力用とは分けておきたい。

 筆者は機関車には動力用を、音声デコーダはテンダに入れている。機炭間の接続は8端子のカプラを採用している。これだけ回路があれば、電灯の配線も容易であるし、連結器の動作も可能である。

 正直なところ、動力用のデコーダを良く焼いた。その原因はようやく分かってきた。ブラス製の機関車ではいたるところにショートする可能性がある。完全に防護してあるつもりでも、機炭間の接続あたりでは何かが起きる。前進時に良くても、逆行時にショートするのは、大抵ここだ。
 電流制限を掛けていないと、ショートすればデコーダが燃える。ハンダが融け、何もかもめちゃくちゃになる。
 
 最近サウンド・デコーダの価格が急速に下がり、買いやすい価格になった。しかし国内の価格はまだまだ高い。これでは普及を妨げているのと同じだ。海外から買って、航空運賃を入れても、まだずっと安い。

 インターネットの普及で、海外の製品がオンラインで簡単に買えるようになった。送金もクレジットカードで簡単にできるが、それに対して、しり込みをする傾向も強い。筆者は過去一度もトラブルになったことがない。大変安心で信頼できる方法である事を強調しておきたい。初心者にはTony's の店をお勧めする。親切な店である。


2007年06月15日

電流計

Tony's DCC電流計 DCCを採用するようになって一番困ったのが電流計である。一般の交流と異なり、DCCでは矩形波を採用しているのと、周波数が高いことで手近にあるテスタなどの交流電流計が使えない。

 試してみるとそれらしい値を示すが、それが正しいのかどうかは判らない。多く表示されるのか少なく表示されるのかも、不明である。RMSという概念がある。交流の実効値という意味である。正弦波のときは計算で補正できる。しかし矩形波で、なおかつ周波数が大きいので、ダイオードが電圧の立ち上がりに追随出来ず、妙な値を示す。

 色々調べてみるとセレン整流器は立ち上がりに追随する能力が大きいことがわかった。しかし、メータはMoving Coil(可動線輪)型なので、高周波ではインピーダンスが変化して測定値が変化する。しかもONとOFFの時間も変化するから厄介だ。

 昔、アマチュア無線を始めた頃勉強したことに、高周波電力計は、電力を熱に変えて熱電対で測定するという方法があったことを思い出した。それを作る以外ないと決心したが、ちょうどTonyの店がRMSを表示できる電流計を出してくれたので、二つ買った。全く同じ値を指示するので驚いた。

 これがあると運転が楽しい。筆者のレイアウトでは機関車の効率が良く、付随車の摩擦が少ないので、本物のような動きをする。すなわち、加速時は電流値が多く、巡航時は電流が少ない。減速時には事実上、電流はゼロに近い。

2007年06月14日

Macro

 Macroは、もともとはコンピュータ用語であったが、ここでは複数のポイントの操作を一括して行う機能を指す。

 例えば4本以上の側線がある操車場とか駅の構内のポイント切替では、「3番線開通」と指示すると、#1、#2、#3のポイントが動き、次に「2番線開通」と指示すれば#2だけが動くと良いわけである。このようなシーケンスをあらかじめプログラムして全自動で行うのがマクロ機能である。
 
200通りのパターンを記憶させ、各10台のスウィッチ・マシンを操作することができる。キャスケード、ルート・コントロールという呼び方をする会社もある。

 この機能はNCE-Wangrowによって開発されNMRA規格に採用されたものであり、DigitraxのChiefが出現するまでは唯一の存在であった。




 DCCではヤードの全ての線路に通電されているので、何かの間違いでそこに止まっているはずの機関車が動き出したりする可能性がある。ヤードの根元には、ポイントと連動するマイクロ・スウィッチでヤード全体をOFFにする必要があることもあるだろう。

 これは扇形庫の枝線にも言えることである。機関庫に止まっている機関車がランプを点けていたり、音を立てたりするのも良いが、突然動き出して、ターンテイブル・ピットに落ちるのは避けたい。これは実物でもたまにある事故で、写真集に紹介されていたりするが、自分のレイアウトで起こることは望まない。安全装置として枝線ごとのスウィッチもあってもよい。

 当初、ターンテイブルは、完全自動で目的の番線に合わせるタイプを導入するつもりだった。友人のレイアウトでDCCでコントロールするのを見ると、却って自動化していないほうが自然な動きをすることに気が付いた。要するに、自分で運転するほうが面白いということだ。

 DCCで運転すると、機関士席のみならず、転車台のオペレータ席にまで、自分が座って操作しているような気がする。すなわち、DCCを導入すると、人間が縮小されて運転台に座っているように感じるのである。

2007年06月13日

Cab

 Cabを複数持つと面白さが倍増する。キャブとは運転室のことである。すなわちDCCの運転装置であり、それは手の中にある指令装置のことである。

 機関車を重連するときは、Consistという操作を行う。コンシストとは動力車の編成のことである。例えばディーゼル機関車の多重連を考えよう。それぞれの機関車の前後は決めておかねばならない。編成したとき一部の機関車が逆行することは避けねばならないので、1台ずつF,Rを指定してコンシストを組む。

 すると、先頭の機関車の番号の指令が編成中の全ての機関車に同時に伝わる。すなわち、最前方の機関車の番号が編成の番号となるので、その番号を使って呼び出すことになる。汽笛は最前方の機関車しか鳴らない

 ディーゼルの時はこれで、ほとんど不満はない。蒸気機関車の時は二台目以降にも機関士が乗っているので、本務機と補機が、多少違う動きをするほうがはるかに面白い。発車するときは本務機が汽笛を鳴らし、補機が応えて汽笛を鳴らしたり、加速時に片方がスリップするのを見るのは楽しい。

 列車の最後部に補機を付けるときは、補機がサボると坂を登れないというのも実に面白い。両手にキャブを持ち、一人で遊んでも面白いが、2人でやるともっと面白い。

 大きなレイアウトでは、「おい、この機関車を受け取れ。」と声が掛かる。あわてて番号を入れると、自分のキャブがその機関車をコントロールするようになる。

 これがDCCのもっとも楽しいところである。

2007年06月12日

電流制限装置

 線路をいくつかのセクションに分けて、電流を制限するのは、実物も同じである。事故のときの被害を最小限に食い止めることが出来る。各社が3セクション、4セクションの電流制限器を発売している。どれでも良いが、リバース自動切り替え装置内蔵のものもあり、目的をよく考えて買えば経済的である。Tonyの店には自社ブランドのものもあったが、DCC Specialitiesのものに収束されていった。 
 
 制限電流は何段かに変えられるようになっている。筆者が心配しているのは、電流制限装置の必要性が、あまり理解されていないことである。DCCでは線路には12〜16Vの電圧が常に掛かっている。何かの故障で短絡して3アンペア流れたとするとそれだけで30〜40Wの発熱がある。ハンダゴテを電源に差しっ放しにして冷や汗をかいた人は多かろう。火事になるかも知れないのだ。

 今のところ、プラスティック製機関車が融けたくらいの話であるが、いずれ火事を出す人が現れるだろうと危惧する。それは何を引き起こすか?

 私たちは、世間は製造者の責任を追求することになるだろうと予測する。そうすれば、日本でDCCを販売している会社は、直ちに販売をやめざるを得なくなる。

 筆者のレイアウトでは、全ての電源をワンタッチで切ることが出来るようにしてある。なおかつ、通電中はパイロットランプが付くようにしてある。レイアウトルームから出るときはそれが消えていることを確認する。これだけで火事になる心配はなくなる。

 DCCを売る会社はその点を十分指導しなければならないし、それだけでなく構造的に火事が起こらないような方策を施して売るべきである。一度火事を出せば、それはDCCの普及にとって、致命的な事故となるだろう。

 日本でDCCを売っている会社はその辺りのことを考えているだろうか。


2007年06月11日

続 NCE

NCE 10A Starter Set NCEキャブは、いわゆるフル・ファンクションのキィ・パッドである。小さな手には収まりにくいかも知れない。

 フル・ファンクションの良いところは初心者にも間違いがないところである。他社の製品では、一つのボタンをシフトボタンを押しながら操作して、いくつもの機能を持たせたものが多い。これはvisitor(そのレイアウトに初めて来訪した人)には運転が困難である。

 NCEならボタンを見て、それを押せば問題ない。それとディスプレィが二段になっていて情報量が多いということがありがたい。暗いところでもバックライトがあって都合が良い。

 いくつかのコマンドを出しても、それが完全に実行されるところがNCEの最大の特長ではないだろうか。コマンド(命令)は出しっ放しではない。それが実行されるまで命令を出し続ける。

 これは無線の時には特に大切なことである。しかし、それがいやだと言う人も居る。コマンドを続けて出そうと思うと、多少の時間的遅れが生じ、腹が立つのだそうだ。これはそのシステムを良く理解すればそのような不満は無くなる。

 友人のレイアウトで採用していた10A出力の機械を買ったが、これはあまり賢い選択ではなかった。筆者のレイアウト上には、高効率の動力車とLED照明の車両しかなく、いつも2Aくらいまでしか消費しないからだ。しかも何かの事故で短絡すると9Aほど流れてレイルが熱くなる。デコーダもあっという間に燃えてしまう。

 いくつかのセクションに分けて、電流を制限する装置をつけた。

2007年06月10日

NCE

NCE Cab NCENorth Coast Engineeringというのが正式名称である。
DCCのハイエンド製品を扱っている。とは言っても、現在の趨勢ではハイエンドも廉価版もさほどの差はない。既に体力勝負の様相を見せている。価格はほとんど限界まで下落しているように思う。

 日本ではどういうわけか、DigitraxLenzが売れているようだ。アメリカではNCEが強い。Atlasもいい勝負をしている。商売の形態としてはNCEが手堅い。主だった鉄道模型クラブを良く押さえている。それには理由がある。大きなレイアウトでの沢山のキャブを連動させる点で、一番自由度が高いからである。現在では当然のように使われている仕分けヤードでの複数のポイントを、番線指定するだけでルートを作ること(ルート・コントロールと言う)を始めて実用化したのは、NCEである。要するに、アメリカの大きなレイアウトを制御するのはNCEしか出来なかった時期があった。


NCE New Software
 NCEの良いところはアフターサービスである。顧客管理が良く出来ていて、時々手紙が来る。ソフトウェアをアップグレードするので、申し込んでくださいと。費用はどこに住んでいても15ドルである。小切手を送ると、すぐにROMを送ってくれる。電源を切って差し替えると、最新仕様になる。もう少し気を付けて送ってくれると、このように足が曲がっては届かないのだが。

 家庭用ならばどこのシステムを使っても一緒である。車両用デコーダの価格は下がる一方で、安い物は1台10ドル台前半である。この値段なら、DCCを採用しない方が珍しい状態になっても当然である。


2007年06月09日

赤い箱

赤い箱 「赤い箱」と呼んだのは、多分筆者が最初である。なるべく見たままの姿で呼ばれる方が良いと思ったからだ。アメリカには「ブラウン・ブック」などという外見そのままの名前が定着したものが多い。それを狙った。

 赤い箱は、機関車のプログラムを簡単にする。これを導入するまでは大変面倒な作業をこなしていた。まずノートに機関車のデコーダ内部のCVを読み出して書き、次にそれが何を意味しているのかを読み解き、そして内容変更をしてノートに書き込む。そのノートは大切に保存しないと、次の作業がまた繰りかえしになる。

 この作業をするのに、1台あたり2時間くらい掛かった。あまりにも面倒で機関車のアドレスだけを書いて、あとは知らんふりを決め込むことも多かった。

 そのうち、RS-232Cケーブルを通してコンピュータで内部を見るソフトが売り出され、それを使ったが、これまたスピードが遅い。1台30分掛かる。以前のことを思えば速いがそれでも、勘弁してくれと言いたくなる。

 永末さんが、赤い箱を開発中であることを知り、「一度いらっしゃいませんか?」とお誘いした。見せていただくと、とても速い。コンピュータとレイルの間に繋ぐだけで、機関車のデコーダの内部が丸見えとなる。変更するとその効果をすぐに確かめることも出来るところが素晴らしい。

 今までは内部の情報を書き替えると、すぐにレイルに載せてみてコマンドを送り、その効果を確認しなければならなかった。赤い箱があればその必要もなく、極めてスムーズに出来る。

 レイアウト上のプログラム・トラックに接続しておけば、それだけで全ての用が足りる。

2007年06月08日

続 DCC

DCC Crossing Wiring Original DCCを採用すると、レイアウトの配線が桁違いに簡単になる。ポイントの配線など沢山あると、その連動方法など考えただけで頭が痛い。

 DCC化すれば、各ポイントマシンをポイント用デコーダにつないで、あとはアドレスを割り振るだけである。いわゆるルート・コントロール(ヤードなどの番線を指定すれば、関係する全てのポイントが連動して、ルートを作る操作)の設定も容易である。

 ポイントのみならず、いわゆるリヴァース線も全自動で操作出来る。クロッシングのフログの極性切り替えは、面倒であった。これもリヴァース線用のユニットを使えば、何も考える必要が無くなる。

 図は2000年頃思い付いて、アメリカのメイリング・リストのフォーラムで発表したものである。アメリカではかなり有名になっている。インターネットでのみ発表されているので、印刷物にはなっていなかった。

DCC Crossing Wiring from DCC Projectこの写真は、昨日のDCC Projectsの32ページにある。上の回路図と全く同一である。事前に連絡してくれれば、著作権を主張しないと伝えたのに。わかりにくい写真になったのは残念だ。

 このクロッシングの配線は一例で、三枝ポイントとかデルタ線の配線も、極端に簡単になる。
 

2007年06月07日

DCC

DCC  DCCについて書けというコメントをいくつか戴いている。Digital Command Controlのことである。

 筆者は1997年よりDCCを導入している。ちょうど今年で10年目である。いろいろな雑誌で紹介されているが、どれもこれも中途半端であって、満足のいく記事が無かった。それもそのはず、DCCは雑誌というメディアで扱うものではないという事に気付いていなかった。

 当時はDCCが急速な発展を遂げているまっ最中で、原稿を書いた瞬間にも急速な陳腐化が起こる商品であった。

 DCCをメインのテーマにしているウェブサイトがいくつかあった。日本のサイトは、残念ながら外国のサイトを見て受け売りのものが多く、独自の視点で書かれたものは少ない。筆者はアメリカのDCCメイリングリストに参加した。そうしなければ最先端の話が入ってこないし、日本にもこういう人が居るということが分かってもらえない。

 最近DCCはようやく成熟期に入り、いろいろな意味で勝負がついてきた感じである。筆者が気が付いたいくつかのことをまとめて小冊子にしようと思っていたが、その必要性がなくなってしまった。

 この本である。筆者が言いたいと思っていたことがほとんど書いてある。もちろん、それ以上に大切なことも書いてある。筆者の下手な説明より、ぜひご一読をお願いしたい。美しい写真と、メジャーな商品の説明が簡潔に書いてある。種々の応用例も実に明快に説明している。 

2007年06月06日

日本の模型界との違い

 日本の模型界は業者主導である。よくも悪くも模型店の作った製品を利用するところから始まる。

 一方、アメリカの模型界はユーザ主導である。それにはカスタムビルダが大きくかかわっている。カスタムビルダというものは自分の顧客の希望を満たすために、ありとあらゆる工夫をする。資料集め、工法の改良、材料の選定等、模型製作のノウハウを全て注入する。

 模型専業メーカは既存の工法で安く作る方法しか考えないので、あまり進歩がない。「飛躍的な進歩はアマチュアがもたらす。」これは真理である。

 カスタムビルダこそ、日本の模型界に不足しているものであると思う。模型雑誌を見ていても、腕の良い人は見かけるが、その人がある程度の量産が出来るかは、少々疑わしい。また、その人の作品をまとめて欲しがる人がいるのかは、もっと疑わしいだろう。

 アメリカの場合、特定の列車ならば数十人が欲しいと名乗りを上げてくる。2年待てば出来ますよと1/3程度の金を集める。そして1年半後には完成する。というわけである。しかも出来た列車は博物館の陳列物レベルであれば、顧客は幸せである。その価格はかなりのものではあるが、客観的に見て妥当なものであると思う。

 このシステムは日本では難しいだろう。それはレイアウトの数があまりにも少ないからだ。列車はレイアウト上で、初めて真価を表す。箱の中で寝ているようでは意味がない。しかし、特別なノウハウを持った人が、そのノウハウを公開することによって全体のレベルが向上する。ノウハウは無形ではない。車輌という有形物となって多く残らなければならない。

 日本の場合、模型店が出す特別製品の列車があるが、それは資料集めが完全でなかったりすることも多々ある。カスタムビルダには、顧客が自分で集めた資料を持ち込むので、より正確なものが出来る。

 その車輌を多くの人が直接見て、その情報を共有できることが望ましいと考える。筆者の場合、多くのカスタムビルダを知っているので、彼らから得たノウハウは自己の作品の中に生きている。それを多くの人に伝えたいと思う。

2007年06月05日

Pennsylvania Railroad

Broadway Limited On PRR Mainline ディックがこの写真をくれてからもう20年以上経つ。私は東部の鉄道にはあまり興味がないので、そのまま放置してしまった。

 友人に見せたら、その写真は大変価値があるという。その旨知らせたところ、その前後の写真を合わせて大量の写真をCDにして送ってくれた。名前を出してくれれば転載してよいとのことで、その一部をここに紹介している。

 PRR(ペンシルバニア鉄道)は東部の巨大鉄道会社であった。機関車のみならず貨車、客車まで、自社設計のものが多かった。いかにもPRRですという車両群は見るものを圧倒する。

 PRRのスタンダード(自社の設備、車両などの技術的統一を図るための規格)は旧国鉄に導入されたらしい。明らかにコピーしたと思われる信号機関係の設備がある。
 
 斜陽期に入ってからは蒸気機関車を全て廃棄し、ディーゼル機関車に統一した。そして、商売敵のNYCと合併し、"アメリカ最大の鉄道会社”Penn Centralとなったが、すぐに倒産した。

 その直前、スイスのいくつかの銀行に、そのアメリカ最大の鉄道会社の株を売り込んで倒産したので、スイスの銀行はかなり倒産した。これはスイスの金融史上最悪の詐欺被害ということになっているそうだ。スイスの銀行はアメリカ最大という一言で見事にひっかかったのだ。 

2007年06月04日

Broadway Limited cars

Broadway Ltd  Custom built Dick Breglerの送ってくれた写真である。Broadway Ltdの最後尾の、絞り加工をしたブラス板の曲がり具合が、よくお分かり戴けると思う。

 Dickはこのようなときはブラスを使う。NYCの丸いエンドは、ただ曲げるだけなのでティンプレートを用いる。

Broadway Ltd  Custom built cars 横から見ると最後尾の造形が素晴らしい。絞り加減が実に良い味を出している。1台だけならなんとか作れるが、何台も同じように作れるのは、腕の違いである。丸い金床の上で絞り出している。





broadway Ltd on layout この写真はPomonaの競馬場の厩舎の隣にある大きなレイアウトを走っているものである。このパモウナの競馬場にはUPの9000がおいてある。ここまでBill Wolferと一緒に乗せてもらって来た事がある。レイアウトには埃が積もってたいへんな状態であった。レイルはスティール製で、湿気が少ないから錆びてはいないものの、火花を散らせて機関車が走った記憶がある。走行電流が大きいということは、いろんな点で不利であることを実感した。

2007年06月03日

お便りを戴く

outhouse1 先月、KemtronのOuthouseをお送りした吉川修一様から、写真が届いたので紹介させていただく。

吉川様は、ワシントン州コロンビア側沿いの架空の小鉄道を建設されているそうで今後が楽しみである。SD7とかR-2,4あたりが活躍しているような情景を描いていらっしゃる。私のような本線ファンとはまた違った味わいがあることであろう。


outhouse2 組み立てに際しては、糸鋸を使わずに、AtlasのSnap Sawを使われたそうで、その工具の選択が興味深い。ハンダ付けは、普段、配線くらいしか手がけたことがないそうで、少してこずったのではないかと心配した。

 意外と重いと感じられたそうである。これを機会に、ブラス工作の面白さに浸って戴きたい。

 ヤスリを何本か用意して、糸鋸が良く切れることと大きなハンダコテさえあれば、ブラスの工作は容易だ。何回でも付け外しできるので、プラスティックや紙の工作よりずっと簡単である、と思う。少し大物のときは、ガスバーナで予熱すれば簡単である。

 

2007年06月02日

続 Bill Wolfer

GG1 by Dick Bregler Bill Wolferは東洋から来た一青年を大切に扱ってくれた。遊びに行けばあちこちを案内してくれたり、自分の持っているノウハウを公開してくれた。

 押して動くウォームギヤの開発に際しては、彼の二条ウォーム・ギヤの動きも参考になった。完成したギヤを装備した機関車を見せると、ずいぶん感心して、「素晴らしい。次はディーゼルだな。」と言った。

 蒸気機関車の動輪は大きく、逆駆動が容易だ。ディーゼル、電気機関車では動輪が小さいので難しい。しかし、動輪の数が多いのでその分容易である。

 彼の自宅近くのディズニー・ランド・ホテルのロビーで、そのあたりの議論をした。彼が引っ越したばかりで、家を訪ね当てるのが難しかろうと、そのホテルを指定したのである。観光客が沢山居るホテルのロビーで、機関車を並べて議論している様子は、今思い出しても奇妙な光景だ。

 その後、押して動くディーゼル電気機関車用ギヤボックスは完成し、それを持って出かけたコンヴェンションでは、自分のブースに私を引き込んで、自分のことのように皆に紹介してくれた。確か1988年のことである。

 「東洋のマジック」と称して、押して動くこと、押すと発電してもう一輌が動くこと、単三電池一本でも起動することを紹介してくれた。

 それもあって、そのギヤはアメリカの顧客にある程度売れていった。



2007年06月01日

Bill Wolfer

Bill Wolfer's display 珍しく人相の良い写真があった。会うたびに、ペンシルバニア鉄道の素晴らしさを語り、自分たちの作っている模型がいかに正しい資料に基づいて作られているかを力説した。東部からカリフォルニアに移住したので、その気候の良さも彼の精神的内面に大きく影響しただろう。

 ロングビーチに停泊しているクイーン・メアリの中のレストランでよく食事を御馳走になった。映画に出てくる刑事そのままの、早口でスラングが沢山入った英語をまくし立てる。

 先の見える人であった。今後の模型界はどうなるかを展望した。今思えばほとんど当たっている。「韓国製模型が台頭して、日本製は生き残れない。そのあとは中国だ。そしてインドが出てくるだろう。」と言っていた。「ロシアは駄目だ。あの国には余裕がない。趣味というものがない。」などとも言っていた。

Wolfer GG1 GG1をこよなく愛し、沢山のGG1を作った。当初はアメリカ製のアルミニウム鋳物のボディシェルを採用していたが、日本のKMTの社長とニューヨークで会い、ブラス板金製のGG1のボディ・シェルを輸入することができた。その下回りは彼の特製であり、二条ウォームとチェーン・ドライヴ"Wolfer Drive"で良く走った。このGG1は今でもWolfer's GG1としてコレクターの間で人気がある。

Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ