2006年08月30日

2006年08月30日

フラックスとハンダ

59d7a74d.jpg 日本では、ペースト状のフラックスを鉄道模型に使うことはまれだろう。Billはこのような塩化亜鉛入りのペーストを勧めた。これは、アメリカではどこのホームセンターでも売っている銅配管用のペーストである。何が良いかというと、流れ落ちないから垂直面でも機能することである。昨日のアウトハウスの組み立てが、その良い例である。ハンダ付け終了後、熱湯で洗わないと完全には落ちにくいのが難点である。シャワで熱湯を掛けることにしている。Billはなべで煮ると言っていた。
 
 筆者は水道工事もある程度は手がけるので、銅配管を何度か経験している。切り口の面取りをして継ぎ手の中、銅管の外を磨き、ぺーストを塗って差し込む。ガスバーナの炎を当て、泡が吹き終わった頃、糸ハンダを当てるとつるりとハンダがしみ込んで行く。融けたハンダが境目にきらりと光り、一周しているのを確認できれば、そのままそっと冷やして出来上がりだ。昔は鉛を66%含んだハンダを用いたが、今では無鉛ハンダが用いられる。右のハンダがそれである。錫98%アンチモン2%らしい。240℃で融解・流動する。流れは良いとはいえない。かなり粘い。温度をかなり上げないと流動性が少ない。強度はかなりありそう。実測したわけではないが、ブラスの板にブラスの線を、このハンダで付けて引き剥がすと、0.8mmの線は切れてしまった。普通ならはがれるはずである。
 
 模型の組立てでは、これを大物の接合に用いて、中程度のものを普通のハンダで留め、最後に小物をスズ63%のハンダでつけるというのが、コツである。彼らには、ハンダが接合面全部にいきわたるという前提があるからだ。大物にはバーナを使えということである。

 もっともBillに習った頃は無鉛ハンダではなく、銀ハンダを使えとの指示であった。最近、日本でも銀ハンダは手に入るが、どういうわけか2%のものだけである。これは電子部品の表面にめっきしてある銀が、普通のハンダに拡散してもろくなるのを防ぐため、あらかじめ2%の銀を入れたものらしい。2%というのは自然に拡散する時の限界値という。
 
 本物の銀ハンダは3から5%の銀を含んでいる。硬く、接着力は強い。コテでつけるのはかなり難しい。よほどの高温にならないと真の流体にならないからである。バーナで350℃くらいにするとさらさらになる。逆にコテでつけると、粘土のように盛ることができる。こねて山を高くすることさえできる。そんな付け方でも、接着力は馬鹿に出来ないくらい強い。「ブラス鋳物の巣(ス)を埋めるのはこれしかない」とアメリカの人は口をそろえる。
 手持ち量が100gを切ったので、そろそろ買わねばならない。


Recent Comments
Archives
Recent TrackBacks
Categories
  • ライブドアブログ